引っ越しがついに来週に迫ったので、
今週はずっとライフラインの手続きやら、細々した用事で手一杯で
ブログを書くひまがござりませでしたー。
でも合間合間に現実逃避という名の読書はしてた!秋だし(?)

桜舞う桜舞う
(2012/03/14)
あさの あつこ

商品詳細を見る


あさのあつこ「桜舞う」
「おいち不思議がたり」シリーズ2作目。

おいちを巡る人々の人間模様といい、事件の謎解きといい、
1作目より数倍読み応えあったよー!面白かった。

なにより、父親である松庵を手伝うおいちが、
一人前の医師になって人々の役に立ちたいと願いつつ、
「嫁にいき、夫に尽くし子を産み育てるのが女の幸せだ」と
周囲に説かれて煩悶する様はとても共感しました。

今の時代だって似たようなもんだよなー。
そりゃあ江戸時代と比べたら、女も自由に職業を選んで
好きに生きられるようになったけど、
「女」というだけで不利なことは社会でいくらでもあるし
どんなに仕事をがんばってても「いい歳して結婚もしてない」
のは女として間違っている、みたいな扱いを受けることもあるしな。

この前読んだ「待ってる」といい、
この方が書く女性は、悩みや苦しみを抱えつつも
食いしばって自分の意志を貫いて強く生きていて、好きだなあ。

・・・ところで、新吉くんが報われる日は来るんでしょう・・か。
3作目に期待(´∀`*)



書店員が本当に売りたかった本書店員が本当に売りたかった本
(2012/07/11)
ジュンク堂書店新宿店

商品詳細を見る


ジュンク堂書店新宿店著「書店員が本当に売りたかった本」
2012年3月に閉店したジュンク堂新宿店の、閉店間際の
「本当はこの本が売りたかった!」フェアの模様を
写真でつづったドキュメンタリー。

惜しまれつつの閉店、という寂寥感と最後のお祭り騒ぎ感が
出ていていい本でした。
「すべての本にPOPをつける」という無茶な企画ゆえ、
おそらく激務の間に書いたであろう本音POPが興味深い。

惜しいのは、POPが大写しになっているものが多くて、
どのように陳列されていたのかが分かりにくいことかな。
本のカバーと一緒の写真だと(もちろんそういうカットもある)
もっと雰囲気が出てたと思うんだけどな。



リリイの籠リリイの籠
(2007/12/14)
豊島 ミホ

商品詳細を見る


豊島ミホ「リリイの籠」

うーむ・・・装丁からも感じるのだが、
この人の本はどれも完璧に読者がピンポイントだなあ。十代~二十代女性。
不安定な少女の心理を描い・・・てるのだろうけど
イマイチどの子にも感情移入できない。
柚木麻子さんの「終点のあの子」に比べるとどうも“浅い”と感じてしまう。



シャイロックの子供たちシャイロックの子供たち
(2006/01)
池井戸 潤

商品詳細を見る


池井戸潤「シャイロックの子供たち」

とある銀行を舞台にした連作短編集・・・と思いきや、
やがてそれが一つの大きな事件に集約していく。

「あ、これ全部つながった話なんだ」と気づいた時の
アドレナリンどっぱー!て感じが久々でした。
最近こういう伏線ばりばりの、どんでん返しありーの、
みたいなミステリあんまり読んでなかったからな。

それぞれの章で語られる銀行マンたちの、ギリギリの綱渡りのような
人生も、とても読ませます。
一般人にはわかりにくい銀行の業務も、冗長にならずさらっと
説明があって、しかもそれがきちんと伏線として機能しているので
上手いなあーと思った。

ケチつけるとしたらタイトル・・・かな?
「シャイロック」ときいて、シェイクスピアの強欲な金貸しが
即座に浮かぶ教養人はどれほどおられるでしょうかw
序盤のほうで、それとなーくそれを示唆するような挿話が
あってもよかったんじゃないかと思う。


伏線がきれいに回収されていって、どんでん返しもあって、
すとんときれいに落ちるロジカルなミステリが好きな人には
高得点だと思います。はい。



*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*



以下は挫折本。
けっこうキツイ批判してるのでたたんでみた。。

黒猫の遊歩あるいは美学講義黒猫の遊歩あるいは美学講義
(2011/10/21)
森 晶麿

商品詳細を見る

「黒猫の遊歩あるいは美学講義」2章の途中でギブアップ。
第1回アガサ・クリスティー賞受賞作。だそうです。

「ポー作品の新しい解釈と別の古典と日常の謎を三つ巴にする」と
選評にありますが、わたしには難しすぎたんだぜ・・・。

ポーの解釈単体については確かに「へー」と思ったんだけど
キモであろう“三つ巴”のどこをどう面白がっていいのかわからなかった。

ただなんか学術的な講釈がダラダラと続くだけで
ミステリとしても、ラノベとしても山場というか盛り上がりに欠ける。
amazonのレビューでも、絶賛と酷評が真っ二つなので、
レビューでも言われている通り、「読む人を選ぶ」「合う人には合う」本なんだろうなあー

傍若無人なイケメン天才学者と無能で凡庸だがキュートな女性助手、という
キャラ設定は、「またこれか」感がありつつそれなりに魅力的ですが
イケメン学者・黒猫があまりにもダメ男。

一話のオチがわりとひどい。謎ときとしてのオチはともかく、
おい黒猫よ、真実を知った時の助手ちゃんの気持ちを考えたことはあるかね・・・

才能はあるが傍若無人なキャラ、というのは
確固たるポリシーがあったり、傍若無人の裏に人間に対する理解や配慮が
隠れていたりするからこそ魅力的なのであって、
黒猫のような、ポリシーも配慮もないキャラはただの嫌味なヤツじゃないですか。

2話の途中で早々に挫折った人の感想なのであまりアテにはなりませんが。
「人の死なないミステリ」「やたら長い学術的な蘊蓄」が好きな人は
ツボるかもしれません。
ただまあ、合う合わないは別として、クリスティの名前は
ちょいと荷が重すぎるんじゃあないですかねえ・・・・。


ガールズ・ストーリー


引っ越し作業で本を詰め中、宮部みゆきさんの時代物をパラパラ
読み返していて、江戸ものが読みたくなったので。
宮部さん、最近は時代ものはホラー系が多くなってしまって・・・
夜に読んだらおトイレ行けないじゃないですか(。´Д⊂)

「ガールズストーリー おいち不思議がたり」は貧乏長屋に住む
医者・松庵の16歳になる娘、おいちが主人公。
このおいちには、普通の人には見えないものが見え、聞こえる
不思議な力があった・・・・。

うーむ。これ、宮部さんの某シリーズとまる被りじゃないですか(´ェ`;)
設定が気になりつつも、まあ「宮部さんぽいもの」が読みたかったわけで、
そういう意味では「そうそうこういうのが読みたかったの」という感じ。

おいちがとても好感の持てる女の子だし、おいちの縁談相手の
生薬屋“鵜野屋”の若旦那をめぐる事件と謎解きも面白かった。
ミステリの謎解きそのものよりも、事件にまつわる人情が
細かく描かれていて、そこも好きでした。やっぱ時代ものはこうでないと。

あとですね、新吉が!新吉かわいい!!
いい歳してあのウブさってどうなのさ・・・!
ラストでおいちちゃんといい仲になるのかと思いきや、
なにこれ生殺しか!続刊読めってか!読むよ!(*゚ω゚)=3