本にだって雄と雌があります


小田雅久仁 『本にだって雄と雌があります』読了。

おもろかった。べらぼうにおもろかった。
ただしかなりマニア向け。

まずタイトルと装丁でブックマークせずにはおれず
あらすじ読んで「なんじゃこりゃー」と思いつつ、
読み始めてみれば、人を食ったような語り口と、
衒学的というにはかなり下世話なネタの連発に猫パンチを食らう。

あらすじはですね、どう要約しても誤解が生まれるんですが
おおまかには深井家という本に魅入られちゃった(?)因果な一族と
“幻書”という摩訶不思議な“書物たち”にまつわるクロニクル。
これ小説のジャンルとして何に当たるのだろう、
ファンタスティック・ビブリオマニア・SF、とか?

長いわ。

まー、万人受けする小説じゃないですよ。いくらなんでもマニアックすぎる。
割と序盤で、アントニオ・パニッツィの名が出てきた時には
寝っころがって読んでいたベッドから転げ落ちそうになったよ。

みなさんご存じですか、アントニオ・パニッツィ。
知らないよね。普通知らないよ。日本人は。

わたしも別に詳しくないのですが、18世紀、大英博物館の館長やってて、
また、司書としても敏腕をふるい当時のまだ不備が多かった目録の問題点を指摘し、
いろいろなところで喧嘩を売りまくって敵を作りまくりながらも
彼の考案した目録基準が現在のISBD(国際標準書誌記述)に
なってる、なんかすごいオッサン、ということは知っていた。

司書の勉強した人でも、図書館学の基礎ではランガナタンとかデューイくらいしか
知らない(試験に出ない)だろうし、
図書館史とか書誌学とかまで突っ込んだ研究してる人じゃないと
なかなか知らないと思うよ、パニッツィ・・・・。

「なんで名前からしてあからさまにイタリア人のこいつが
大英博物館の館長やってたの??」とかですね、
そういう疑問を持たれた方はこの辺りを読まれるとよろしいかと思います。
すごく面白いです。

図書館を育てた人々 (イギリス篇) (JLA図書館実践シリーズ (8))図書館を育てた人々 (イギリス篇) (JLA図書館実践シリーズ (8))
(2007/10)
藤野 幸雄、藤野 寛之 他

商品詳細を見る


図書館 愛書家の楽園図書館 愛書家の楽園
(2008/09/29)
アルベルト・マングェル

商品詳細を見る


ええとそれでですね、わたし日頃から思ってるんですけど
世の中には、才能とか努力とかいうのとはまた別の次元で
なりたくてなった、というよりなるべくしてなっちゃった
という芸術家(小説家・画家・音楽家)が時々おられるように思うのですが、
この小田さんていう著者の方もそういうタイプなんじゃなかろうか。

ていうかね、こんな珍妙な、けったいなこと頭の中で思いつく人は
そりゃあもう小説でも書くしかなかろうて。

序盤から、広げて広げて広げて、おいお前もうこれ以上無理やろそれ、
っていうくらいに広げたバカでかい大風呂敷をですね、
中盤からオラオラと勢いよく畳んでいくのですが、
「これちゃんと畳めるんやろか・・」って心配になって読んでるうちに
なんかようわからんけど折り鶴んなって飛んでったわ、いやーあはははは。
っていうくらいのオチです。凡人では想像が追い付かない。

ストーリーとしては、この中盤のオラオラ畳む過程が
非常に痛快で面白いんだけど、いかんせんここにたどり着く前までの
マニアックすぎる家族史が、長い!!!
ブクログのレビューを見ても、序盤で挫折してる方がけっこういます。
無理もないよ。

しかし“合う合わへん”があるのを承知でおすすめしたい。特に

・司書に興味がある人
・“いつの間にか”部屋に本が溢れかえっちゃう人
・本屋・図書館に足を踏み入れるとハイテンションになっちゃう人
・読んでも読んでも読みたい本がある人
・人生であとどれだけの本を読み切れるか、常に焦燥感と不安に悩まされてる人

は、是非とも読んでいただきたい。

あなたの本棚にも、こっそりとこの世にないはずの“幻書”が生まれてませんか?

いつか、“その日”がやって来た時に、白い象があなたを迎えにくるかもよ。


九月姫とウグイス (岩波の子どもの本)


サマセット・モーム 『九月姫とウグイス』

Twitterで呟いていた方がいらして「なつかしい!!」「しかし細部が思い出せない!」
と話題になったので、図書館で取り寄せてもらって借りてみました。
(※版元の岩波書店HPでは「品切重版未定」とありますが、事実上絶版ですかね)

岩波文庫の「モーム短篇選(上)」にも収録されていて、
こちらは入手可能ですが、訳者の方が異なるせいか、
雰囲気もけっこう違います。

以下、岩波文庫版の編訳者、行方昭夫氏による巻末解説
「九月姫」は旅行記『一等室の紳士』(一九三〇年刊行)に収められている御伽噺である。もともとは一九二二年にある雑誌に発表され、その後一九三九年には『九月姫とナイチンゲール』という題名で挿絵入りの単行本として刊行された。作者自身気に入った話のようだ。この旅行記は「ラングーンからハイフォンまで」という副題を持つように、昔のビルマ、シャム、インドシナの旅行記であるが、その一章として挿入されている。    (p328)

1922年というと、モームが48歳の時。
肺結核が悪化し、スコットランドのサナトリウムでの療養中に
かの有名な「月と六ペンス」を執筆した(出版は翌年)1918年より
4年後にあたります。

サナトリウム退院後の1919年にはハワイ、サモア、マレー、中国、ジャワなど、
1920年にも中国へ旅行しており、1921年から1931年までに10年間に
極東、アメリカ、近東、ヨーロッパ諸国、北アフリカなど様々な国に
渡っており、「九月姫とウグイス」はその辺りの事情を色濃く反映しています。

シャム(タイ)の王様には、2人のお姫様がいて、
「夜」と「ひる」という名前だったんだけれど、
その後どんどん姫が生まれて、
「夜」「ひる」

「春」「夏」「秋」「冬」

「月曜」「火曜」「水曜」「木曜」
「金曜」「土曜」「日曜」

「一月」~「九月」

というように、新しく姫が生まれるたびに
お姫様たちはどんどん名前を変えられてしまい、
そのせいで性格もどんどんひねくれてしまったけれど、
末っ子姫の九月姫だけは、(その後姫が生まれなかったので)
名前を変えられることなく素直に育ちました、と。

もうね、最初の設定だけでツッコミどころ満載だよ!!
まあ、童話ではよくあるタイプの設定ですけど・・・

名前がコロコロ変えられたから性格が歪んだ、っていうより、
“そんなにたくさんの名前覚えられない”というお妃と
“十二人もあれば姫はもうたくさん、十二月姫がうまれたら
しょうがないからお妃の首をちょん切る”という王様、
この似た者同士の身勝手夫婦に育てられたらイヤでも歪むわ。

自分のオウムが死んでしまって、悲しむ九月姫に
「そんなことはばかばかしいことだから、
きょうはお夕はんをやらずにねかしてしまいなさい」
というお妃も相当だし、
パーティーへでかけたいから、お妃のいうとおり
さっさと姫を寝かして一人放っておいた、という侍女たちも
身勝手ここに極まれりだよ・・・。

で、一人さみしく泣きながら寝ていた九月姫のもとへ
窓からウグイス(邦訳ではウグイスですが本当はナイチンゲール)
が入ってきて、きれいな歌を歌って九月姫を慰めます。

で、性格悪い姉さんたちは九月姫のウグイスが羨ましくて妬ましくて
(自分たちもオウム飼ってるのに・・・)
ちくちくと意地悪をしかけるんですね。
この性格歪んじゃった姉姫さまたちの嫉妬深く意地悪な表情が
なんともいえず・・・・( º言º; )

武井武雄さんという方の挿画はレトロで大変美しいのですが
この姉さんたちの表情ひどすぎるよ・・・・(。´Д⊂)

【ここからネタバレ】
で、姉さんたちの意地悪によって
「いつかこの素敵なウグイスが逃げてしまうんじゃないか」
という不安にかられた九月姫は、ウグイスをカゴに閉じ込めてしまう。

自由を奪われ、カゴから出してと懇願するウグイスだが
心優しいはずの九月姫も自分可愛さゆえに耳を貸さない。
そうこうしているうちにウグイスはどんどん衰弱し、
「出してくれなければ死んでしまう」というウグイスの言葉に
とうとう姫は泣きながらウグイスを放してやる。

「おまえをかごに入れたのは、おまえが好きで
わたしひとりのものにしておきたかったからなのよ」と
自分の行動を正当化する九月姫もけっこうしたたか。

【ネタバレおわり】

この九月姫とウグイスの関係はとてもいいものだと思うし、
物語もハッピーエンドで終わるのだが、
姉姫さまたちの行く末は踏んだり蹴ったりでもう気の毒すぎる。

ウグイスを放した時の
「お姫さまは、わっと、なきだしました。
じぶんのしあわせよりも、じぶんのすきなひとのしあわせを、
だいいちにかんがえるのは、とても、むずかしいことだからです。」
という一文にモームの人間観がちょっと見える気がします。

結局人間は自分が一番可愛い生き物なんだなーというのは
自分自身の胸に手を置いてみても大変納得できるのですが(・・・・)
愛情とか独占欲とかそいういうものがからむと、ますます人は
身勝手になるよね。
「あなたの幸せがわたしの幸せ」って言ったりもしますが、
それって、お互いが同じだけそう思っていないと成り立たないのでは、と。

九月姫とウグイスは、お互いに歩み寄り、譲り合って
しあわせな関係を築くことが出来たけど、人間同士はなかなかうまういかん。


名前を変えられる娘たちの話、と言えば
『王さまのアイスクリーム』ですね!!
このお話もだいすきだー*。・+(人*´∀`)+・。*

王さまのアイスクリーム (ゆかいなゆかいなおはなし)王さまのアイスクリーム (ゆかいなゆかいなおはなし)
(2010/02)
フランセス ステリット

商品詳細を見る


この子たちも、大人の都合で名前を変えさせられましたが
彼女たちはお父さんを気遣い、手伝う優しい素直な子たちだったなあ。

これも初版は1978年で、そうとう古い絵本ですが
2010年に新装版が出ててばりばり流通してるね!!
これもまた読みたくなってきたなあ(*´pq`*)

3月のまとめ。

【本】6冊

ゴロツキはいつも食卓を襲う フード理論とステレオタイプフード50金星特急 (1) (ウィングス文庫)飛行士と東京の雨の森チマチマ記ハリスおばさんパリへ行く (fukkan.com)魔法少女育成計画 (このライトノベルがすごい! 文庫)

久々にラノベ読みました。どっちも大当たりー。
金星特急はなんと1巻が出版社品切れだったので(密林にはあるのに・・・)
慌てて全冊買い揃えました。
まあ・・・買っちゃうとそれで安心しちゃって積むわけですが(゚Д゚;)
魔法少女はまだ読書メモ書いてないけど!おもしろい。これおもしろいよ。



【コミック】 36冊

☆3月新刊

ONE PIECE 69 (ジャンプコミックス)暗殺教室 3 (ジャンプコミックス)この音とまれ! 2 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 5 (ジャンプコミックス)いつかティファニーで朝食を  2 (バンチコミックス)7SEEDS 24 (フラワーコミックス)LOVE DOLLS (Feelコミックス)よつばと! 12 (電撃コミックス)学園ベビーシッターズ 7 (花とゆめCOMICS)ねじまき真野さん (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫 9 (花とゆめCOMICS)ひきだしにテラリウム一緒に遭難したいひと(4) (ワイドKC)いとしのムーコ(3) (イブニングKC)喰う寝るふたり住むふたり 2 (ゼノンコミックス)長歌行 3 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)とりかえ・ばや 1 (フラワーコミックス)終末のラフター (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)雨月物語 (ダイトコミックス)魔女と猫の話 (ねこぱんちコミックス)初恋アステリズム 2 (フラワーコミックス)重版出来! 1 (ビッグ コミックス)ばらかもん(7) (ガンガンコミックスONLINE)亜人(1) (アフタヌーンKC)青空エール 12 (マーガレットコミックス)新聞部の小松さん 続・青春トリッカーズ (青春トリッカーズ)


☆既刊

俺物語!! 3 (マーガレットコミックス)ベアゲルター(1) (シリウスKC)僕と先輩の鉄拳交際 1 (ジーンコミックス)春夏秋冬 (マーガレットコミックス)星空のカラス 1 (花とゆめCOMICS)僕らのポラリス (マーガレットコミックス)ハロウィン探偵 オズ・ウィリアムス 1巻 (ZERO-SUMコミックス)ぽちゃまに 1 (花とゆめCOMICS)幸腹グラフィティ (1) (まんがタイムKRコミックス)青春トリッカーズ (マーガレットコミックス)


3月は新刊が豊作すぎてまんが充でした~*。・+(人*´∀`)+・。*
よつば!!よつば!!!ムーコ!ムーーーーコ!!!!!

それと、四宮しの『魔女と猫の話』が激よかったー!

魔女と猫の話 (ねこぱんちコミックス)魔女と猫の話 (ねこぱんちコミックス)
(2013/03/11)
四宮 しの

商品詳細を見る


魔法学校に通う魔女は、13歳になったら
魔法の扉から「猫」を喚び出してよいことになっている。
そうしてパートナーとなった「わたしだけの猫」は
一生そばにいてくれて、一番の味方になってくれる・・。

希望と不安に揺れる13歳の女の子の不安定さと、
それを支えてくれる「猫」との成長物語。

ちょっとノスタルジックな絵柄と雰囲気で、
少女と猫の心がだんだんと寄り添っていく過程がほんとにいいです。
全1巻らしいけど、人気が出て重版かかったりしたら
続編掲載もあるんじゃないかと淡い期待を胸に絶賛布教中ヾ(*゚ω゚*)ノ
少年画報社のサイトでちょっとだけ試し読みできます。

それと、マンガ大賞は逃しましたが『竜のかわいい七つの子』の
九井さんの新刊『ひきだしにテラリウム』

ひきだしにテラリウムひきだしにテラリウム
(2013/03/16)
九井諒子

商品詳細を見る


これ、一気に読むもんじゃないです。もったいないよ。
短編集なんで、寝る前に、ごろんと布団に横になって
1つか2つ読んで、余韻を噛みしめながら眠りに落ちる。
これが正しい読書方法ですd(´∀`

あまり話題になってないけど『僕と先輩の鉄拳交際』も
意外なヒットでした。
よくある厨二病ラブコメかと思いきや、凶悪犯を追い詰めていく
クライムファンタジー。
設定とキャラがひとひねり、ふたひねりくらいしてあって、
可愛い絵柄とダークな設定がうまくバランスが取れてた。

所どころあるギャグもかっとばしてるので
スクエニのそっち系(いぬぼくとかぐぐれこっくりさんとか)が
好きな人には受けそうだよ。

『星空のカラス』は13歳の女子中学生が主人公の囲碁マンガ。
1巻時点の盛り上がりがいまひとつだけど、伸びしろはあるので
この先の展開によっては大化けする予感!がんばってー!


【アニメ】

完走:「ロボティクス・ノーツ」「さくら荘のペットな彼女」「八犬伝」
 「ラブライブ!」「しろくまカフェ」「たまこマーケット」「マギ」

いやーさくら荘よかったね!卒業式やばかった。普通に泣いたよ。
よくある萌え系かなーと思ってたけど、
持つ者(ましろ)と持たざる者(空太)の葛藤が残酷なほど描かれていて
かなり良質な青春ものでした。みんないい子だね・・・(゜-Å)ホロリ
それと、声優さんの演技が光ってたな。
SAOのキリトの時は正直何も感じなかったんだけど、空太を見ていて
「あ、この人上手い人だったんだな」って思いました。(上から目線失礼!)

マギは原作を改変しすぎてもう何がなんやら・・・。
後半の作画崩れもあったし、いろいろ惜しかった感。

サイコパスは、怖くてラスト3話がまだ見れてない。
だって虚淵さんだし・・・。嫌な予感しかしない・・・(´-ω-|||)
ノベルズはしっかり買いましたけどね。
標本事件の真相を描いたスピンオフらしいので。

小説 PSYCHO-PASS サイコパス/ゼロ 名前のない怪物小説 PSYCHO-PASS サイコパス/ゼロ 名前のない怪物
(2013/04/04)
高羽彩、ニトロプラス 他

商品詳細を見る



4月スタートは『進撃の巨人』がやはりダントツ話題になってますね。
原作をまったく知らない人の衝撃ツイートが流れてくるのが楽しいですw
「巨人と人間の交流ストーリーだと思ってたのに
じゃがりこみたいに人が食われた・・」っていう茫然ツイートには
笑っていいのか同情したらいいのかw



じゃがりこて。