いやしい鳥

鳥に変身した男をめぐる惨劇を描いた文學界新人賞受賞作「いやしい鳥」、絶滅したはずの恐竜に母親を飲み込まれた女性の内面へ踏み込んだ「溶けない」、愛とヴァイオレンスが奇妙に同居する「胡蝶蘭」の三作を収録。

藤野可織 『いやしい鳥』 読了。
第103回(2006年) 文學界新人賞受賞作。

思ってたのと!!違った!!!

だってほらあー、芥川賞の時の写真がさあー、
白いシャツがぱりっと似合っててどことなく本上まなみを思わせる
楚々とした御嬢さんぽいあの人が!!
こんな気持ち悪い話書くとは思わないじゃない(。´Д⊂)


[ネタバレあり感想 ↓]
表題作の「いやしい鳥」は、おそらく誰もがカフカの『変身』を
思い起こさせると思うんだけど、わたしはずっと
シュヴァンクマイエルの「悦楽共犯者」を思い出して
気持ち悪くて泣きそうでした(ノД`)つか、泣いてるよ・・・。

みなみ会館のポップコーンナイト(オールナイト覆面上映会)
で「悦楽共犯者」観てからトラウマなんじゃーい!!

[ネタバレおわり]

ただ、むちゃくちゃ上手い。
まあストーリーの「先が気になる」テンションのせいもあるけど、
途中でお茶も飲めないほどグイグイ引き込まれた。

同時収録の「溶けない」「胡蝶蘭」は「いやしい鳥」ほどアレではないかな・・
と恐る恐る読んだけど、まぁ似たり寄ったりのテンションでした。
しかし完成度はべらぼう高い。

ちょっと茶目っ気がある分、最後の「胡蝶蘭」が一番好きかも。
ふーやれやれ、デビュー作がこれでは『爪と目』は一体どんな・・・!



ハルーンとお話の海

王国一の語り部ラシード・カーリファとその息子ハルーン。ある日突然、物語る力を失った父のために、ハルーンはお話の力を司る「オハナシー」の月へ、水の精モシモとともに旅立つ。一方オハナシーでは、シタキリ団の教祖イッカンノオワリが闇の世界を支配し、「お話の海」を死滅させようと企んでいた…。「言葉の力」こそが世界を救う。『真夜中の子供たち』の著者が、自らの思いを込めて綴ったファンタジー。

サルマン・ラシュディ 『ハルーンとお話の海』読了。
(原題:HAROUN AND THE SEA STORIES)

かの有名な(とか言ってもわたし読んでないんですが(・ω・;)
『悪魔の詩』がイスラム教への冒涜とみなされ、命を狙われたラシュディが
潜伏生活の中で、幼い息子のために書いたものだそうです。
『悪魔の詩』の日本語翻訳を担当された方が殺害された事件もありましたし、
作者本人となれば相当に身の危険を感じることもあったのではないでしょうか。

そんな中で書かれたこのお話、これが底抜けに明るく夢があって、
ほんとにド直球の冒険物語であり、主人公の成長物語。
冒頭、ハルーン少年を襲う数々の苦難はなかなかハードでもあり
お話の中で繰り返される主義主張のようなものも、
当時のラシュディが置かれた状況を反映しているような気がします。

人物や土地の名前に固有名詞が多く使われており、
訳者あとがきからも翻訳者の相当な苦労が見て取れますが(笑)
「イッカンノオワリ」とか「ピーチク王子」「パーチク姫」とか
カタカナのダジャレっぽい語感はなんとなく寺村輝夫を彷彿とさせますw


物語はどこから生まれるんだろう。
どうして冒険の終わりはハッピーエンドなんだろう。

子供の頃、一度でもそんなことを考えたことがある人にはぜひオススメしたい。

それにしても、庭師のトトノエール老人かっこよすぎるんですけど。
なんだこいつ。


嵐のピクニック

優しいピアノ教師が見せた一瞬の狂気を描く「アウトサイド」、ボディビルにのめりこむ主婦の隠された想い(「哀しみのウェイトトレーニー」)、カーテンの膨らみから広がる妄想(「私は名前で呼んでる」)、動物園の猿たちが起こす奇跡をユーモラスに綴る「マゴッチギャオの夜、いつも通り」、読んだ女性すべてが大爆笑&大共感の「Q&A」、大衆の面前で起こった悲劇の一幕「亡霊病」…などなど、めくるめく奇想ワールドが怒涛のように展開する、著者初にして超傑作短篇集。

本谷有希子 『嵐のピクニック』読了。

ずっと前に『乱暴と待機』の小説バージョンかなんかを読んで
ちょっと苦手としていた人ですがこれはすごくよかった。
切れ味は相変わらずですが、短編集なせいか、武器がすごく多彩というか。
チェーンソーから日本刀からハンマーから。ウフフどれも切れ味ばつぐんだよー!

ダントツで好きなのは「彼女たち」
戦う女のなんと美しいことでしょうか。

あとサドル、サドルがwww
もうわたしサドルと傘を平静な眼で見ることができませんな・・・。


女性なら、爆笑したり共感したり清々しい気分になること請け合い。
男性は・・・あれだ、ちょっと覚悟して読んだほうがいいかもねー?





女子会2.0

磨きすぎた女子力はもはや
「妖刀」である

「女子力アップ」の果てには何があるのか? 「結婚」で幸せになれるのか――気鋭の論客らが、“女子会"の場を借りて、若い女性を取り巻く環境を分析する。結婚観の変遷、専業主婦志向などをテーマとした論考も加わった、女子必読の一冊。著者は千田有紀、水無田気流、西森路代、古市憲寿、白河桃子、石崎裕子の6氏。

「ジレンマ+」編集部 『女子会2.0』 読了。

うぬう。
1ページ毎に「あっそーそーそー!」と膝を叩いていたと思えば
突然ギロチンが降ってくるような、そんな本です。

三十路独身にとっては、耳が痛いどころかザックザクと
景気よく首が飛ぶかんじでした。
しかし、日頃から何となく感じるモヤモヤを明確に理論化してたり、
思いもよらなかった統計データが出てきたりして、大変面白かった。

座談会のメンツは社会学者やその界隈の方が多いので、
「M字型雇用」「SSM調査」「ソーシャル・キャピタル」なんていう
ガチ社会学用語もぽんぽん出てきますが、ページ下に
脚注として説明があるので、いちいちググったりしなくて済みます。

まあ人によって色々感じる&考えるところがあると思うので
未婚女性には是非おすすめしたいです。
首が飛んでも責任は取らないけど☆



以下、心に残った(傷を残したともいう)キーワード。

☆西森「今、男性のほうも、自分の持っている資産を結婚によって減らしたくないですよね。だから、結婚によって、階層が下がることも望んでいない気がします。」(p36)

上から目線の平等志向 (p39)

☆男性に選ばれないと「かわいそう」ですか? (p82)

☆古市「つまり、持って生まれた容貌は、今現在の「美」にはあまり関係ない。しかし、生まれ落ちた文化階層によって、自分をきれいに見せるテクニックが身に着けられるかはだいぶ規定されてしまう。ということは、結局生まれが大事という話になってしまいます。」(p93)

☆西森「そうなんですよ。自家中毒というと、女子会の中で素敵な私を高め合うという方向性もあるんですが、今や女子会の中では、自分たちのグループのみんなを出し抜かないように、自虐的なことを言い合ったりして、それぞれが自縛し合うという状態があります。特に上昇志向というのが、女子の中では全然いいことに向かわない感じがします。」(p109)

☆千田「「女子力を高めればなんとかなるかも」と思ってしまうのですが、実はそのアグレッシブな女子力というのは引かれていたりとかする。男子が相手に求めるものは「共稼ぎしてほしい」という・・・(後略)」(p110)

☆「いつかいい人が現れるよ」神話 (p150)

☆前期アラフォーたちが未婚なのは、いつかこんな私にもぴったりと合う相手が現れるのではないかと、気長に、ぼんやりと生きてきたら、知らない間にこんなふうになってしまったというだけで、(後略) (p153)

☆磨きすぎた「女子力」はもはや妖刀である。 (p166)

☆西森「打算が見えるからいけないんですよね。
 水無田「完璧に打算が見えないぐらい女子力が高ければ、いいんですよね。」
 千田「本当に女子力が高い人は、自分も騙していますからね(笑)。」(p197)



気分上々


森絵都 『気分上々』読了。

2000年から2012年までに発表された短編9編を収録した短編集。

うう~ん、面白かった!
もともと森さんは『宇宙のみなしご』以来のファンで、何年経っても
期待を裏切られず「好きだー!」って思う作家さんだけど、
これもほんっと良かった!!(*´ェ`*)

あとがきにもありますが「お題」ありきの短編が多いので
発表時期もテーマもばらっばらなのに、森絵都エッセンスが
いい具合に効いていて、一つの短編集のまとまりとしても違和感がない。

どれもこれも好きなんだけど、特に好きなやつ4つ。


☆「17レボリューション」(初出:「野生時代」2006年4月号)
誰もが一度はブチ当たる十代の壁、アイデンティティとか恋とか親とか。
主人公のユニークさもさることながら、親友のイヅモのキャラが最高!
意外なことに、高校生が主人公なのはこれが初めてらしい。
あれっ『DIVE』って高校生じゃなかったっけ、と思ったけど
確認したら、高校生なのは要一くんだけだったね!( ´ー`)


☆「東の果つるところ」(『東と西1』2009.12)
余命いくばくもない、スキャンダルにまみれた女優が
まだお腹の中にいる子供に宛てて書いた遺書、その驚くべき半生。
あらすじを要約するとこんなにずっしりと重いのに、
この短編集の中で一番ギャグテイストだったのはこれです。あるぇー?


☆「ブレノワール」(『チーズと豆と塩と』2010.10)
母と反目し、故郷ブルターニュを飛び出してパリでシェフとして
まずますの成功を修めた男の元に、母の危篤の知らせが。
黒麦粉のガレットに込められた母の想いと息子の後悔と希望と。


☆「ヨハネスブルグのマフィア」(初出:「yomyom」2011年7月号)

 昨夜、私の奥部が発見した悦びも、この深い眠りも、私には初めてのものだった。三十九年と二カ月生きてきて起こらなかったことも、三十九年と三カ月目には起こりうる。とすると、この先も私はまだまだ新規の何かと出会っていけるのではないか。
 一語で言うならば、希望。もしかしたら人が人に与え得る最大のギフトかもしれないそれを、出会って二十時間とせずに彼は私に与えた。それは掛け値なしにすごいことだった。

四十を目前にして、突如として主人公を襲った嵐みたいな恋。
出会ってすぐの相手と一夜を共にした主人公が、翌朝こう思うシーンがすごく好き。

大体、こういう身を滅ぼすようなずぶずぶハマる系の恋愛ストーリーって
男が(確かにいい男だとしても)非道でろくでなしで殺伐としてて
なんか読んでて疲れるんだけど、これはすごく新鮮だった。

安らぎだとか、誠実さだとか、そういうものを求めることが出来ない相手だとしても、
それを相殺するほどの希望(ギフト)を与えてくれる人間との出会いってすごいなあ。
結果的に彼女にとって救いというかその先の人生の可能性を無限に開いたわけだし。




生粋の森絵都ファンにはもちろん、森絵都入門書としてもオススメの一冊ではなかろうか。
とにかく読後感が最高で、まさに“気分上々”なのである。

うむ、満足(o´∀`o)ノ



リリーベリー―イチゴショートのない洋菓子店 (メディアワークス文庫)

大平しおり 『リリーベリー―イチゴショートのない洋菓子店』読了。

「みなさんには、ケーキのように愛おしい宝物はありますか?」―大切な想いが込められたものには、必ず他人を魅了する力があるといいます。女子大生・中屋明海が訪れた噂の洋菓子店「リリーベリー」は不思議な店でした。一年間限定開店、店に置かれるケーキは一日一種類のみ、そして、スイーツの主役であるイチゴショートがないこと。そんな店に疑問を抱く明海でしたが、ある事件をきっかけに、問題の店のパティシエ兼青年店長・竹下望と一緒に働くことになってしまい…!?一軒の洋菓子店に纏わる、愛おしい物語。

訳アリのイケメンパティシエと意味深な店、巻き込まれていく元気な女の子、
紆余曲折を経て犬猿の仲が次第にラブい展開に、というのは
少女マンガの黄金パターンのひとつですが、
これはディティールやエピソードのいっこいっこが丁寧で
キャラクターも魅力的なので割と面白く読めました。佳作。

ビブリアの大ブレイクで、さらに一般文庫とのボーダーが薄くなった感がある
メディアワークス文庫ですが、ビブリアやミステリ系で路線を固めず、
こういう新人作家さんもガンガン投入していってるところは好感が持てます。

ただ、これに限ってはイラストレーターの選択がちと失敗だったかも。
イラスト単体ではかわいいなーと思うし好きなテイストなんですが、
中身のイメージと合ってないと思う。
特にメインキャラであるパティシエの竹下くんは、
表紙イラストから受ける第一印象が邪魔をして、小説のキャラクターイメージが
うまく定まらないという、本末転倒な状態になってました。
(あくまでわたし個人の印象っす)

スクエニや角川女子系でなく、マーガレットやフレンドとかの
フツーの少女マンガ系のイラストレーターさんのほうがしっくり来たと思う。
イラストとしては目を惹く訴求力のある表紙なので、失敗とも言い切れないが。
ううーん、難しいもんですね。



8月のまとめ。

【本】 9冊

きことわごちそう帳 (新・ちくま文学の森)踊る猫泡をたたき割る人魚はハローサマー、グッドバイ (河出文庫)しろいろの街の、その骨の体温の黄金の庭バージンパンケーキ国分寺世界が終わるわけではなく (海外文学セレクション)

積み本が増えすぎたので、意識して読書量増やしてました。
とにかく8月くそ暑かったんで、いつにもまして引きこもりだったしね。
一人読書会の読書感想文、まだ書けてない・・・(⊃д⊂)



【コミック】 40冊

ONE PIECE 71 (ジャンプコミックス)シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)初恋モンスター(1) (KCx ARIA)同じ空を見ている (Betsucomiフラワーコミックス)南国トムソーヤ  1 (BUNCH COMICS)ちちこぐさ(1) (ブレイドコミックス)ハイキュー!! 7 (ジャンプコミックス)海月と私(1) (アフタヌーンKC)王子様と灰色の日々(4)<完> (KCx ARIA)BROTHERS CONFLICT feat.Natsume (1) (シルフコミックス)その男、甘党につき屋上の君 (KCx ITAN)流れ星レンズ 7 (りぼんマスコットコミックス)いつかティファニーで朝食を  3 (BUNCH COMICS)学園ベビーシッターズ 8 (花とゆめCOMICS)南国トムソーヤ  2 (BUNCH COMICS)どうせもう逃げられない 5 (フラワーコミックスアルファ)お友達からはじめましょう。 1巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)きみが心に棲みついた(3) <完> (KCデラックス)にがくてあまい(7) (エデンコミックス) (BLADE COMICS EDEN)おんなのいえ(2) (KCデラックス)コミンカビヨリ(2) (講談社コミックスキス)惑星9の休日ダメな私に恋してください 1 (マーガレットコミックス)俺物語!! 4 (マーガレットコミックス)地球戦争 1 (ビッグ コミックス)悪魔曰く俺の嫁 (1) (ガンガンコミックスJOKER)浮かれバケモノの朗らかな破綻 (1) (ガンガンコミックスONLINE)脳内ポイズンベリー 3 (クイーンズコミックス)Stand Up! 1 (マーガレットコミックス)まめねこ あずきとだいずどーにゃつ (3) (ヤングガンガンコミックススーパー)王様達のヴァイキング 1 (ビッグコミックス)モンクロチョウ(2) (ヤングマガジンコミックス)聖☆おにいさん(9) (モーニングKC)TIGER&BUNNY THE COMIC 2 (ヤングジャンプコミックス)青空エール 13 (マーガレットコミックス)アヤメくんののんびり肉食日誌 (Feelコミックス)シュガーガール,シュガードール 1 (シルフコミックス 47-1)トンネル抜けたら三宅坂 1 (ビッグコミックス)


オススメの1巻など。

海月と私(1) (アフタヌーンKC)海月と私(1) (アフタヌーンKC)
(2013/08/07)
麻生 みこと

商品詳細を見る

寡黙な主人の絶品料理と、正体不明の美女が仲居をする
辺鄙な宿「とびうお荘」で繰り広げられるドラマ。

うーん、この人巧いよね、やっぱり。ハートウォーミングというほど心温まりはせず(笑)
世知辛いというほどビターでもなく、どこか滑稽でちょっと間抜けなこの感じ。
大人向けというか、漫画読みさん向けかなー。
一話試し読みあり。 http://afternoon.moae.jp/lineup/220

お友達からはじめましょう。 1巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)お友達からはじめましょう。 1巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
(2013/07/25)
乙 ひより

商品詳細を見る

百合姫の看板作家、乙ひよりの初のWARD掲載作。
その美貌のため、周囲から浮いてしまい、周囲(特に女子集団)と
上手くなじめない少女アキラと、双子の弟のハルカの物語。
百合ではないですが、ほんのりそれっぽい雰囲気もあったりなかったり。
この先どういう方向へ話が転がっていくのか非常に楽しみ。

この人の百合はいいよね!!!
路線としては「青い花」系統ですが、もっとマイルドです。
オススメはやっぱり「クローバー」

クローバー (IDコミックス)クローバー (IDコミックス)
(2008/10/18)
乙 ひより

商品詳細を見る


王様達のヴァイキング 1 (ビッグコミックス)王様達のヴァイキング 1 (ビッグコミックス)
(2013/06/28)
さだやす、深見 真 他

商品詳細を見る

「俺は世界征服がしたい」
孤独な天才ハッカー少年とエンジェル投資家。
2人の出会いが世界をぶち壊す!!

6月の発売時にはノーチェックだったんですが、あちこちで評判を聞くので
読んでみたらこれがちょう面白かった・・・!
ストーリーとしてはまだ前哨戦といったところですが、
この先の大きな流れみたいなものを予感させるいい1巻でした。
一話試し読みあり。http://www.spi-shogakukan.com/viking/

そのほか。

『王子様と灰色の日々』完結!よかったーよかったよー!
みんなしあわせになってよかったねよかったね。・゚・(つД`)・゚・。
それから山中さんご本人が熱心に宣伝してらした、月刊flowers9月号に掲載の
読み切り「バジリスクの道」が傑作でした。
反戦ものって基本苦手なんだけど、これは山中さんにしか描けない、
ヒリヒリするような情熱が込められた話だった。

山中さんのブログでは、シリアの内戦がキッカケだったと仰ってますが
日本の現状とも重なるテーマだよなーと思いながら読んでた。
誰も彼も他人事ではない。

こういう単発読み切りはコミックスに収録されるのがいつになるかわからないので
出来たら掲載誌の在庫があるうちに、取り寄せてでも読んでほしいなー。

月刊 flowers (フラワーズ) 2013年 09月号 [雑誌]月刊 flowers (フラワーズ) 2013年 09月号 [雑誌]
(2013/07/27)
不明

商品詳細を見る


単刊もので、えすとえむ『その男、甘党につき』瀬川藤子『屋上の君』も良かった。
もともと好きなテイストの作家さんですが、
「ああそうこれこれ、この人のこういうのが読みたかったのよね」というかんじ。

惑星9の休日惑星9の休日
(2013/08/12)
町田 洋

商品詳細を見る


書下ろしコミックスでいきなりデビューという、異例の新人さん。
星新一、坂田靖子、市川春子、九井諒子、がピンとくるひとなら好きでしょう。
ただし合わない人は「は?なにこれ」って感じだと思う。
一話試し読みあり。 http://www.shodensha.co.jp/wakusei9/

まめねこ あずきとだいずまめねこ あずきとだいず
(2013/07/03)
ねこまき(ミューズワーク)

商品詳細を見る


おそらく一般の人は全貌を知ったら軽く引くくらい、巷に猫マンガというのは
溢れているのですが(猫マンガ専門誌というのもあるんですわ)
これは猫マンガを読み慣れている人でも、アッサリ陥落するかわいさ。
わたしは仕事中に「うう」とか「ああ」とか唸りながら宣伝文句を考えていた。
書籍扱いのA5版なので、エッセイマンガのほうに置いてあることのほうが多いかも。


【アニメ】

☆前クールからの継続

「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」
「キングダム」まとめて消化!
コミックスは10巻?くらいまでしか読んでませんがやっぱおもしれえええ。
回(作画監督)によって信の顔が全然違いますがまぁ気にしないw


☆7月~開始

「BROTHERS CONFLICT」「恋愛ラボ」「Free!」
「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」
「幻影ヲ駆ケル太陽」「銀の匙」「有頂天家族」「八犬伝」(2期)
「魔界王子」「物語シリーズ セカンドシーズン」


☆挫折
「ムシブギョー」「金色モザイク」