先週行ったのに(ポケモンに夢中で)記事を書きそびれていた。
高島屋大阪店でやっている、彫刻家・土屋仁応さんの個展を見てきました!!
土屋仁応さんのHP:http://yoshimasa-tsuchiya.net/

最近は本の装丁にもよく彫刻が登場しているので、
「あっ見たことある!」という方も!多いはず!!

人質の朗読会こちらあみ子この世ランドの眺め無間道絆 いま、生きるあなたへ心配しないで、自閉症は治せる

写真集『聞耳の森』のメモでも書きましたが、
もうずっと本物をこの目で見たくて見たくて、
「何とか関西へ来てくれないかな~」と思っていたので、
体調イマイチな中、これのためだけに電車を乗り継いで行ってきたよ。

百貨店の中のギャラリースペースなので、プロフィールなども簡素なパネルが
ちょっとあるだけで、あとは作品名と価格のプレートがあるだけの
アッサリした個展でしたが、大小合わせて10点の彫刻が生で観れました(゚▽゚*)

展示物メモ:麒麟(大)麒麟(小) 猫 ユニコーン  犀  
仔犬(2点) 鹿 獅子(大) 獅子(小)

当たり前なんだけど、生なのでいろんな角度から眺めることが出来て
生き物たちの表情を堪能することができました。

やっぱり土屋さんの彫る生き物は表情がちょっと仏教的だなあと思う。
ものによっては、この世を憂いているような、悲哀のようなものを感じることもあるし
だいたいは、そういうものを超越した静けさのようなものを感じます。

装丁にもよく登場している、鹿がすてきだな~と思ってたんですが、
実際に見ると、犀と獅子が凄まじくうつくしく、なんというか艶っぽかった。
犀はものすごく気品があって穏やかな佇まいだったし、
獅子の、ちょっと尾のほうを振り返るような角度が!!

いやあもう、何時間でも見ていたかったなあ。
溜め息ついちゃうよ。うっとりだよ。至福だよ。
ものすごく不思議な世界のいきものを見ている気分です。
あれが木から生まれるとは・・・・。

11月28日からまた東京で個展があるようなので、
関東の方も是非に!!見ていただきたいです。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*



彫刻展の帰りは、なんばCITYのBROTHERS cafeでパンケーキ。
mogとどっちにしようか迷ったんだけどね。

3連休中日だしお昼時だし、で30分ほど外で並んで待ち、やっと入れた(´Д`ll)
本当は期間限定の「巨峰とロザリオビアンコのフルーツパンケーキ」
にしようかなと思ったんだけども、店内でもまたしばらく待った上に
「こちらかなりお時間かかりますがよろしいですか?」と言われたので
一番人気の「苺のパンケーキ」にしました・・・・。

編集_131013_1433~03_R
編集_131013_1433~04_R

見よこのフォトジェニック!!!!!

いらちな癖にがんばって結構待ったので、これでフツーの味だったら
どうしようかと思ってましたが、うん、さすがにウマい。

パンケーキはふっくらふんわりで、クリームこんもりですが
クリームがすごく軽くてさらっとしていたので、すいすい入りました。

スタンダードなやつも、ブリュレしたパンケーキもうまそうなので
(並ばないで入れる機会があれば)
また行きたいです(*´ω`*)


悲歌 (角川文庫)

音楽家の忘れ形見と愛弟子の報われぬ恋「蝉丸」。隅田川心中した少女とその父の後日譚「隅田川」。変死した作家の凄絶な愛「定家」。能に材を採り、狂おしく痛切な愛のかたちを浮かび上がらせる中山可穂版現代能楽集


「文庫版あとがき」がショックすぎた。

なかなか新刊をお届けできなくて、すみません。
これだけ長くスランプが続くと、各出版社にも見捨てられつつあり、もしかしたら紙の本でお目にかかるのはこれが最後かもしれません。

中山さんんん・・・・!(。´Д⊂)
たしかに寡作ですけども!!そんな・・・・!!

作者自らが“見捨てられつつあり”って言っちゃうのって相当な状況だろう。
スランプなあ・・・。しんどいなあ・・・・。


確かにこの方が書くのって、破滅願望を抱いているのに妙に理性的で
おかしくなっちゃえば気が楽なのに、ってくらい苦しみ抜きながら
生きる人間の話ばっかりなんで、長編読むとドっと疲れるんだよね。
書いてるほうも相当消耗するだろう。(確かそんなあとがきも読んだ)

『感情教育』かなんか読んだ時、感情移入しすぎて引き摺られちゃって、
ちょっと鬱っぽくなったこともあるもんなー。

でもなんていうかなあ、この独特の重みというか
“抒情的”というのか、この雰囲気って他の作家にはない。

この『悲歌』も能楽をテーマにした「隅田川」「定家」「蝉丸」の三篇で、
どれも決して報われることのない激しい恋とその破滅が描かれてるけども
どこまでも美しく、しみじみと哀しい。
まさに古典芸能の“わびさび”というやつだと思う。秋の夜長にオススメしたい。


中山さん新刊待ってます(。´Д⊂)
かならず買いますから!買いますから!!(´;ω;`)


9月のまとめ。

【本】 9冊

ここは退屈迎えに来てリリーベリー―イチゴショートのない洋菓子店 (メディアワークス文庫)気分上々女子会2.0嵐のピクニックハルーンとお話の海いやしい鳥役たたず、 (光文社新書)双頭のバビロン

とにかく『双頭のバビロン』!!
これに全部持ってかれた。


【コミック】 30冊

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)星紋の蛍(1) (幻想コレクション)失恋ショコラティエ 7 (フラワーコミックスアルファ)BROTHERS CONFLICT feat.Tsubaki&Azusa (シルフコミックス)BON APPETIT (デザートコミックス)中一プロブレム (花とゆめCOMICS)ホテルサラマンダー(1) (KCx ITAN)恋煩いフリークス (ビームコミックス)迷信話集 うつつのほとり(クロフネコミックス)イノサン 2 (ヤングジャンプコミックス)25時のバカンス 市川春子作品集(2) (アフタヌーンKC)私のご飯がまずいのはお前が隣にいるからだ 1 (フラッパー)ひそひそ-silent voice- (3) (シルフコミックス)純喫茶ねこ (1) (バーズコミックス)デビルズライン(1) (モーニングKC)いとしのムーコ(4) (イブニングKC)神様がうそをつく。 (アフタヌーンKC)虹色デイズ 4 (マーガレットコミックス)日々蝶々 5 (マーガレットコミックス)ひるなかの流星 7 (マーガレットコミックス)オオカミ少女と黒王子 7 (マーガレットコミックス)いこまん 1 (リュウコミックス)しばたベーカリー(1) (モーニングKC)ばらかもん (8) (ガンガンコミックスONLINE)サイレーン(1) (モーニングKC)猫と私の金曜日 2 (マーガレットコミックス)3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)3月のライオン (9)  おでかけニャーしょうぎ付限定版 (ジェッツコミックス)おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)重版出来! 2 (ビッグコミックス)王様達のヴァイキング 2 (ビッグコミックス)

オススメの1巻など。

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)
(2013/09/06)
雨隠 ギド

商品詳細を見る


「おとさん!たべるとこみてて!」
ってねーもーねー!つむぎちゃんが!スーパーかわいい!!

今年のイチオシです。
もう1話がね、最高にキます。胸がぎゅーっとなるんすわ。
1話はここから→http://afternoon.moae.jp/lineup/217

神様がうそをつく。 (アフタヌーンKC)神様がうそをつく。 (アフタヌーンKC)
(2013/09/20)
尾崎 かおり

商品詳細を見る


これもすげーよかった。傑作。
尾崎さんの、この端正な絵柄でこういう淡々とした日常の中で、
薄い膜一枚破ったらそこは絶望、みたいな、こういう話すっごい好き。
あんまりあらすじとか知らずに読んでハッってなってほしいな。

おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)おしゃべりは、朝ごはんのあとで。 (ビッグコミックス)
(2013/09/30)
秀 良子

商品詳細を見る


漫画家が自腹でおいしい朝ご飯を食べに行くエッセイまんが。
最近もう食い物マンガ多すぎでしょ!と半ば食傷気味ながら
共感できるのは同世代だから、という要素が大きい気がするが
とにかくどれもこれもうまそうだ・・・。
瓢亭の朝がゆ、やっぱり一回行っとこうかな・・・(゚▽゚*)



【アニメ】

☆完走

「銀河機攻隊マジェスティックプリンス」
「BROTHERS CONFLICT」「恋愛ラボ」「Free!」
「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」
「幻影ヲ駆ケル太陽」「銀の匙」「有頂天家族」
「八犬伝」(2期)「魔界王子」

マジェプリ、あんまし見てる人いないっぽかったんで
TLで細々と「むねあつ!」「あつ!」とかってリプ飛ばし合ってたんですが
いいロボットアニメでしたね。

「Free!」は最後の数話が残念だったなあ。なんでこうなったし。
てか怜ちゃん可哀そうすぎじゃない?あれはないよ。
合宿を経て、チームとしての結束が出来てきて、ハルが怜ちゃんのことを
気遣うようになってなんかいきなり人間ぽくなってきたのに
最後でなんであんなことに・・・。

もう凜ちゃんは過去のエピソードとしてハルのトラウマということにして
そこから水泳部がチームとして完成するまで、というストーリーのほうが
1クールとしてはきれいにまとまったと思うんだけど。てかそういう方が好みだ。
絵はさすがの京アニ!って感じできれいでしたが、ストーリーは好きじゃなかったな。
まあでもまこちゃんをこの世に生み出してくれたことには感謝している( ´ー`)

「有頂天家族」も毎回楽しく観てました。たぬきかわいいよたぬき。

「銀の匙」は原作の完成度も高く、演出やクオリティもまずまずでしたが、
よいアニメなだけに深夜なのが本当に残念!!!!
こういうのを夕方に放映しなくてなんのためのアニメ化なんだよ!!


☆7月~開始

「物語シリーズ セカンドシーズン」

☆継続
「キングダム」(地上波)「ドキドキ!プリキュア」「キョウリュウジャー」

☆挫折
「ムシブギョー」「金色モザイク」



【おでかけ】

貴婦人と一角獣展 (国立国際美術館)
約100人のブックカバー展 (梅田LOFT)
左京ワンダーランド2013 糺の森ワンダーランド広場