今年も年末ぎりぎりに俺マン2013に駆け込み投票してきた!(o´∀`o)

「今年のマンガの話をしよう #俺マン2013」http://nelja.jp/oreman2013

(ちなみに、2012マイベストまんがはこちら


失恋ショコラティエ 7 (フラワーコミックスアルファ)
失恋ショコラティエ 7 (フラワーコミックスアルファ)
(2013/09/10)
水城 せとな

商品詳細を見る

☆新刊出るたびに面白すぎて腹が立つ。ポイズンベリーも好きだけど、やはりストーリーとして抜群に面白いのはこっちだと思う。

銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)銀の匙 Silver Spoon 9 (少年サンデーコミックス)
(2013/10/18)
荒川 弘

商品詳細を見る

☆農業の現実と厳しさ、そういったものを詰め込んだ上で説教臭くもならず、ただの青春ドラマにもならず、一級のエンターテイメントに仕上がっている。娯楽作品としての完成度の高さが尋常じゃない。

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)
(2013/09/06)
雨隠 ギド

商品詳細を見る

☆ご飯&子供というありふれた鉄板ネタでありながら、つむぎちゃんの表情・台詞が卑怯なほどピカイチに可愛く、床ゴロ。

イノサン 3 (ヤングジャンプコミックス)イノサン 3 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/12/19)
坂本 眞一

商品詳細を見る

☆凄まじいまでの精巧で美しいタッチが描き出すフランス革命の闇の生々しさ。

ぼくらのゆくえは (マーガレットコミックス)ぼくらのゆくえは (マーガレットコミックス)
(2013/11/25)
渡辺 カナ

商品詳細を見る

☆もうね、渡辺カナ作品については問答無用でひれ伏す。前作のハードルをひらりと超えてくる。

さよならソルシエ 2 (フラワーコミックスアルファ)さよならソルシエ 2 (フラワーコミックスアルファ)
(2013/11/08)
穂積

商品詳細を見る

☆『式の前日』のブレイク後でこれだよ! ストーリーテリングの才能・引き出しの多さが見えて感動した。

私がモテてどうすんだ(1) (講談社コミックスフレンド B)私がモテてどうすんだ(1) (講談社コミックスフレンド B)
(2013/10/11)
ぢゅん子

商品詳細を見る

☆講談社がやらかした放つ新たな刺客!!編集部がんばれ超がんばれ応援してる!!

逃げるは恥だが役に立つ(2) (講談社コミックスキス)逃げるは恥だが役に立つ(2) (講談社コミックスキス)
(2013/10/11)
海野 つなみ

商品詳細を見る

☆「純粋に一番面白かったのはどれだ」と言われたらこれ。

神様がうそをつく。 (アフタヌーンKC)神様がうそをつく。 (アフタヌーンKC)
(2013/09/20)
尾崎 かおり

商品詳細を見る

☆淡々とした日常の中で、薄い膜一枚破ったらそこは絶望、というこういう話がめちゃくちゃ好き。

宝石の国(1) (アフタヌーンKC)宝石の国(1) (アフタヌーンKC)
(2013/07/23)
市川 春子

商品詳細を見る

☆モノトーンの世界が極彩色に見える。唯一無二の才能。

つるつるとザラザラの間(1) (アフタヌーンKC)つるつるとザラザラの間(1) (アフタヌーンKC)
(2013/07/23)
月子

商品詳細を見る

☆かわいい!かわいい!!かわいい!!!

かげきしょうじょ! 1 (ヤングジャンプコミックス)かげきしょうじょ! 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/05/10)
斉木 久美子

商品詳細を見る

☆半月に1度くらい「2巻はまだか」って呟いてました。先の展開が一番楽しみなマンガ。

魔女と猫の話 (ねこぱんちコミックス)魔女と猫の話 (ねこぱんちコミックス)
(2013/03/11)
四宮 しの

商品詳細を見る

☆どこかノスタルジックでどこまでも優しい物語。色んな人に勧めまくりあげまくった。

王子様と灰色の日々(4)<完> (KCx ARIA)王子様と灰色の日々(4)<完> (KCx ARIA)
(2013/08/07)
山中 ヒコ

商品詳細を見る

☆「幸せのかたち」を探す21世紀ネオ少女マンガ。同人時代からずっとファンの漫画家さんだから、こういうのを商業誌で読めるようになって本当に嬉しい。

ひきだしにテラリウムひきだしにテラリウム
(2013/03/16)
九井諒子

商品詳細を見る

☆一気に読むのがもったいない、天井のない想像力。



えーちなみに、昨年から
『大奥』『乙嫁語り』『3月のライオン』は年間ベストというか
わたしのマンガ史上の殿堂入りしているので選考外です(´ω`)
去年よりはたくさん読んでたんだけども、少女マンガマニアなので
青年系などは少ないです。かなり偏った漫画読みだと思う。


オマケ:絞り込みの中で泣く泣く選外になった20タイトル。

ハイキュー!! 8 (ジャンプコミックス)
花と落雷 2 (マーガレットコミックス)
ひるなかの流星 8 (マーガレットコミックス)
この音とまれ! 4 (ジャンプコミックス)
星空のカラス 3 (花とゆめCOMICS)
長歌行 4 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)
リメイク(2) (エデンコミックス) (マッグガーデンコミックス EDENシリーズ)
きのう何食べた?(8) (モーニングKC)
流れ星レンズ 8 (りぼんマスコットコミックス)
ボーダー 1 (ヤングジャンプコミックス)
透明人間の恋 (マーガレットコミックス)
海月と私(1) (アフタヌーンKC)
蜜の島(1) (モーニングKC)
シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
すみれファンファーレ 3 (IKKI COMIX)
南国トムソーヤ 2 (BUNCH COMICS)
ヒノコ 2 (花とゆめCOMICS)
王様達のヴァイキング 2 (ビッグコミックス)
オハナホロホロ 5 (Feelコミックス)
終電にはかえします (ひらり、コミックス)


おわりの雪 (白水Uブックス)

ユベール・マンガレリ 『おわりの雪』 読了。
(原題:LA DERNIÈRE NEIGE  田久保麻理訳)

「トビを買いたいと思ったのは、雪がたくさんふった年のことだ。そう、ぼくは、その鳥がどうしてもほしかった」
雪深い山間の小さな町で、病床の父と、夜留守がちな母と三人で暮らす〈ぼく〉は、養老院にいる老人たちの散歩に付き添い、小銭をかせいでいる。
ある日、少年は古道具屋の鳥籠に一羽のトビを見つけ、すっかり心を奪われる。毎夜、トビの話を父親に語って聞かせ、その物語が二人の絆を強めていく。少年はどうしてもトビを手に入れ、家に連れ帰りたいと願うが、自分の稼ぎでは足りない。ついに少年は辛い〈仕事〉を引き受けることに……。
初めての執着、いくつもの別れ、孤独と恐怖、空想と記憶――季節の移ろいの中で、静謐かつ繊細な筆致で描かれる、生と死をめぐる美しい寓話。流麗な訳文で贈るマンガレリ作品の最高傑作。

少年が老犬を連れて雪道を歩くシーンが頭から離れてくれない。
淡々と美しい静謐な情景描写なのに、まるで呪いのようだった。

もういやだ、と何度も思った。
けれど、泣くことも読むのをやめることも出来ず、
祈るような気持ちでページをめくり続ける。

もうやめよう。こんなことはやめて、今すぐ家に帰ろう。
彼の腕を掴み、そう言いたかった。





読むことが出来てよかった。
世界には、震えるような物語がたくさん埋まっている。
そう思える一冊でした。翻訳も素晴らしかったです。


ゆずゆずり (中公文庫)

わけあって「仮住まい」中のシワスが同居人とともに送る日々。階段、暦、爪、マンホールの蓋、旅先で出会った柴犬婦人、雨もり、英語教材の訳文、そして引っ越し。日常に潜むささやかなものを掬い上げ、別世界へ軽やかに跳躍する。選び抜いた言葉で組み立てる随想小説。

東直子 『ゆずゆずり 仮の家の四人』読了。

『とりつくしま』『千年ごはん』など、タイトルがとても好きで
気になってはいたけど読むのはこれが初めての作家(歌人)さん。

病院の待合室とか、仕事と仕事の合間とかにちょっとずつ読んでたんだけど
12月の気忙しさの中で、いい感じに空気を抜いてくれました。すごく好き。

これといって特別なことは何も起こらない。同居している四人が友達なのか
姉妹(家族)なのかとか、それぞれ歳は幾つなのかとか、何の仕事だとか。
そういう説明もなく、「これエッセイか?」と思うほどに
これといって何も起こらないフツウの日常。

それが、語り手のシワスがほんの少し思考をめぐらせると
とたんに別の世界へぽかりと浮遊する。
そのふわふわしたうたた寝のような状態がとても心地いい。

ゆるっとしたシワスのその思考がわりとわたしと似ていて、
共感度も高く、気の合う友達のエピソードを読んでいるみたいでした。

特に、暦考くだりでシワスとナナの
“毎月月末ゴールデンウィーク状態”
“年末ロングバケーション(ボーナストラック13月)”案が出た時は、
「わ、わたしと同じくらい怠惰でしょうもない計画をここまで
 真剣に練る人がほかにもいたー!」とうっすら感動を覚えたことであるよw

中公文庫版の、ぽわっとした小鳥の装丁も可愛いが
集英社単行本のこのユルいかんじも好きです。


ゆずゆずりゆずゆずり
(2009/03/05)
東 直子

商品詳細を見る


逆回りのお散歩

インターネット上ではじまる、不条理な「戦争」
デモ、炎上、ステルスマーケティング─市町村合併を巡って、市役所VS反対派の静かなゲリラ戦がはじまった。現代の「見えない戦争」を寓話的に描く、ヒット作『となり町戦争』に続く系譜の最新作。


三崎亜記 『逆回りのお散歩』 読了。

んー。あらすじを見てすごく興味のあるテーマだったんで
読んでみたのだけど、ちょっと思ってたのと違ったかな。

この人の作風って現実を少しだけ捻じれさせた“ズレ”が売りだと思うし
そのズレ具合を「寓話的」と表現するのはとても的を射ていると思うんだけど
この『逆回りのお散歩』はいつもと違って、“ズレ”が発生せず、
あくまで現実世界に起こり得ることだけで完結している。

その分、主人公の女性が最後に選ぶ選択もすごく現実的、というかフツー。
ストーリーとしては主人公を「そういう心境」に持っていくことこそが
重要だったということは分かるが、なんちゅーか、
カタルシスのようなものがないのでオチとして若干不満が残った。

細かいエピソードはすごく巧いと思う。
目に見えない「大衆の意図」や「悪意」が具現化する描写が秀逸で、
いくつかのエピソードで背筋がスッと寒くなった。


同時収録の『となり町戦争』のスピンオフ短編「戦争研修」のほうが
いつもの三崎亜記っぽいテイストで好きだなあ。


ログ・ホライズン1 異世界のはじまり


橙乃ままれ 『ログ・ホライズン1 異世界のはじまり』読了。

10月から始まったアニメ版のログホラ、
「発想は面白いけど先に大ブレイクしちゃったソードアートがあるから
 二番煎じって言われるのは仕方ないなあ・・・」とか
「戦闘シーンがほぼスキルの解説なんですけど・・・。テンポ悪すぎ」
と不満タラタラながらもズルズルと見ていたら、クレセントムーンから円卓会議への
ストーリー展開が非常にツボったので原作にも手を出してみた。

1巻はセララを救出してススキノを脱出するところまで。アニメだと4話までかな。

一部の贔屓作家を除いてラノベを読まなくなって久しいので、
最近のラノベ全体のクオリティがどれほどのものかわからないのですが
まず文章の粗さが目に付きすぎて読むのに疲れたあー(´∀`;)

Web版から書籍化にあたって著者自身の改稿とは別に校正が入っているはずなんだけど
明らかに前後の文脈がおかしい、単語の意味を勘違い(?)して使用しているなど
不自然さというよりあからさまに「誤り」がちょいちょいあってね・・・。

それと、アニメ版から入った身にとっては
マリエールと直継のキャラがかなり雰囲気が違うのに面食らいました。

マリエちゃん、これただの痛い痴女ですがな・・・・。
おそらく笑いを取るためであろう直継とマリエールの掛け合いが
まったく笑えないどころか乾いた失笑が漏れるレベル。
アニメ版のマリエがとても好きなので、ちょっとがっくりです。

アニメではだいぶ端折られていると感じたエルダーテイルの世界観は
細かなところまで作り込まれてあって設定厨気味のわたしは大変満足なのですが
ただ、「この展開だとこういう疑問を持つ読者がいるだろうから
説明しとくと、これこれこういうわけなんだよー」という感じで
いちいち設定が披露されてストーリーの腰を折るのがちょっと。

アニメ版でストーリーを把握しているため、新鮮味に欠けるせいもあるかもしれませんが
純粋に「小説」として楽しむにはかなり不満が残った。
アニメの補足として読むのにはいいんじゃないだろうか。

あっ

小説版でもにゃん太班長はすてきですにゃ!!


11月のまとめ

【本】 5冊

ブエノスアイレス食堂 (エクス・リブリス)さようなら、オレンジ (単行本)スタッキング可能私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな (一般書)闇の国々 (ShoPro Books)

ポケモンと睡眠に忙しくてあまり読めず・・・。
かなり冷え込みが厳しくなってきてコタツを出してしまったので、
本を開いて5分後くらいには( ˘ω˘ )スヤァ... という有様です。



【コミック】 43冊

ふつつかな父娘ではありますが (1) (シルフコミックス)江戸モアゼル (バーズコミックス スピカコレクション)ただいまのうた 6 (花とゆめCOMICS)かわうそは僕の嫁 (1) (ウィングス・コミックス・デラックス)乙女Holic 2 (マーガレットコミックス)ONE PIECE 72 (ジャンプコミックス)この音とまれ! 4 (ジャンプコミックス)監視官 常守朱 3 (ジャンプコミックス)王子と小鳥 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)くまえもん (ワイドKC キス)今日も渋谷のはじっこで (Feelコミックス)さよーならみなさん (ビッグコミックス)嘘つきボーイフレンド(1) (KCx ARIA)ほんとにほんとにほんとにほんとにライオン田 1 (ビッグコミックス)年々彩々 (FCオンブルーコミックス) (Feelコミックス オンブルー)さよならソルシエ 2 (フラワーコミックスアルファ)姉の結婚 6 (フラワーコミックスアルファ)王者の遊戯  3 (BUNCH COMICS)花君と恋する私(7) (講談社コミックスフレンド B)トド彼 1 (ビッグコミックス)ひまわりと天秤(1) (ビーツコミックス)アマイタマシイ 1 (ヤングジャンプコミックス)マテリアルポルカ(1) (アフタヌーンKC)おとめとメテオ 1 (花とゆめCOMICS)あしがる (1) (カドカワコミックス・エース)坂本ですが? 2 (ビームコミックス)ホクサイと飯 (単行本コミックス)ぽちゃまに 3 (花とゆめCOMICS)長歌行 4 (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)ぼくらのゆくえは (マーガレットコミックス)ハニー 3 (マーガレットコミックス)ReReハロ 2 (マーガレットコミックス)林檎の木を植える (マーガレットコミックス)花と天秤 (マーガレットコミックス)一週間フレンズ。 (4) (ガンガンコミックスJOKER)ACCA13区監察課 (1) (ビッグガンガンコミックススーパー)未成年だけどコドモじゃない 3 (少コミフラワーコミックス)コズミックカラー (マーガレットコミックス)箱庭テレパシー(1) (ポラリスCOMICS)本日、あかね日和(1) (ポラリスCOMICS)私の彼は仕事ができない 1 (ゼノンコミックス)亜人(3) (アフタヌーンKC)よっけ家族 1 (バンブーコミックス)

オススメの1巻とか。今月は多いよ!

ぼくらのゆくえは (マーガレットコミックス)ぼくらのゆくえは (マーガレットコミックス)
(2013/11/25)
渡辺 カナ

商品詳細を見る


コミックス出るたび言ってますが、何度でも言う。
渡辺カナは少女漫画史に残る漫画家ですのでみんな読むべき!
毎回、前作までにはなかったキャラの表情や表現が練り込まれていて、
「どうやったら読者を惹きつけられるか」みたいなのを
ずっと試行錯誤しては進化しているような感触があります。すごい。
あと毎回泣く。どうしてこんなにツボるのか・・・。

表題作の「ぼくらのゆくえは」は
かつて人気雑誌に連載を持っていたが、打ち切りになって以来ずっと
スランプに陥って漫画を描くことが出来ない漫画家・朝海くん(29)と、
女優になる夢を追うポジティブ女子大生の話。

個人的には編集さん側から見たスピンオフの話が非常にキました。
そうなんだよなー、“諦めるのが上手”になるのが大人だってことじゃないんだよ。

今回は特に、大人の漫画読みさんや男性にも読んで欲しいなー。


おとめとメテオ 1 (花とゆめCOMICS)おとめとメテオ 1 (花とゆめCOMICS)
(2013/11/05)
田中メカ

商品詳細を見る


生まれつき不幸体質の女子高生・ハコの前に、
ある日突然、宇宙人で王子のイオが降ってくる。
「全宇宙から波長の合う人間を探してより強い子孫を残す」ため、
「妃になって私と交配しよう!」とハコに迫るイオだったが・・。

田中メカは『お迎えです。』の殺伐さが好きだったので
『キスより早く』の甘々っぷりにちょっと敬遠気味だったのですが、
わかったよ!!かわいいよ!!甘々上等だよ!!!
どこまでもこの2人が可愛くてね。色々問題のある前途を応援したくなります。


年々彩々 (FCオンブルーコミックス) (Feelコミックス オンブルー)年々彩々 (FCオンブルーコミックス) (Feelコミックス オンブルー)
(2013/10/25)
秀良子

商品詳細を見る


BLはヤマシタトモコ、えすとえむ、雲田はるこくらいしか読まないのですが
これはめちゃくちゃ良かった・・・・(*゚∀゚)=3
老いもせず、死にもしない死神の恋。
うまい例えが思いつかないけど、ちょっと小津安二郎のような独特の雰囲気。

ホクサイと飯 (単行本コミックス)ホクサイと飯 (単行本コミックス)
(2013/10/22)
鈴木 小波

商品詳細を見る


ご飯漫画多すぎでしょ最近wwと言いつつ見ると買ってしまう・・・。
海苔の佃煮や豆もやし入りカレーうどん、干し柿大福。
出てくるメニューは庶民的な、素朴なものばっかりなんだけど
毎回毎回、「必死だなwww」って突っ込みたくなる、
調理過程の全力投球っぷりがイイです。単刊なのが惜しいわ。もっと読みたい。


あしがる (1) (カドカワコミックス・エース)あしがる (1) (カドカワコミックス・エース)
(2013/10/25)
ゴツボ×リュウジ

商品詳細を見る


サッカーで高校デビューをもくろむ女子高生・青名と運動神経抜群の園。
女子高生かわいい!!アホだけど(褒めてる)かわいいよー!!
ゆるーい空気のようで、いきなり炸裂するハイテンションなノリ、
この雰囲気、好きです!!あとササメケネタが時々飛び出すので懐かしい。


☆その他

『長歌行』おもしろー!阿史那隼かっこよすぎ。
突厥とかあのへんの部族もともと好きなのよね!
モンゴル帝国成立前はなかなか資料がないのですが探し出しては読んでいる。

『さよならソルシエ』完結。震えたね・・!
ストーリーテリングの巧みさがハンパない。
20年くらい漫画家やってんじゃねえの、ってくらいのレベル。

『マテリアルポルカ』思ってたのと色々な意味で違った。
王道を一周半くらいしたかんじ。かなり残酷は設定なんだけども
まどマギでもなく魔法少女オブジエンドでもなく・・。
殺されるとお菓子になって飛び散る表現は新しいなと思った。

『一週間フレンズ。』
アニメ化おめでとうございますうううううう!!!



【アニメ・特撮】

☆前クールからの継続分

「キングダム」(地上波)「物語シリーズセカンドシーズン」
「ドキドキ!プリキュア」「獣電戦隊キョウリュウジャー」


☆10月~開始分

「凪のあすから」「境界の彼方」「キルラキル」「ストライク・ザ・ブラッド」
「ログ・ホライズン」「ぎんぎつね」「アウトブレイク・カンパニー」
「東京レイヴンズ」「のんのんびより」「仮面ライダー鎧武」
「弱虫ペダル」(録画済未視聴)

☆挫折
「ガリレイドンナ」「サムライフラメンコ」

キルラキルめっちゃおもしろい!毎週あっついわー。
7話を録り逃したショックで5・6・8話を繰り返し見てる( `∀´)
個人的に、流子ちゃんは太ももで、皐月様は尻ですな!!

ログホラは戦闘シーンがスキルの解説だらけでテンポ悪いなーと思ってたんだけど
シロエの政治手腕の話になってから俄然面白くなってきた!
TwitterやPixiv見てても盛り上がりがイマイチなような気がするんだけど
クラスティとアイザックが出てきたから(女子に)人気が出ると!(イイナ!)

鎧武は色んな意味でドリアン無双すぎて(ノ∀`)



【ゲーム】

ポケットモンスター Xポケットモンスター X
(2013/10/12)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る


ポケパルレ廃人と化してましたがよーやく殿堂入りした。
最終スタメンはルカリオ・マフォクシー・エリキテル・
ゴルーグ・アマルルガ・フシギバナ でした(o´∀`o)

全国図鑑もらったはいいが、716匹って((( º言º; )

ぼちぼち埋めていきたい・・です・・ね・・。



今月は映画も美術館もなしー。
12月もたぶん無理です年末進行ですでに死にそう!